お客様の想いを伝えるためにしっかりとお話をお伺いして制作に取り掛かります

お客様が、どのような思いをもって、商品サービスを提供しようとされているのかしっかりとお話をお伺いし、それをどのような形にすれば見て頂く方に伝えることが出来るのか、お客様の気持ちに寄り添い、最適な形で情報発信するお手伝いを致します。

お客様の『強み』や『売りポイント』を掘り下げる。
競合の調査、ライバルを知る。
ターゲットの調査。


これらの情報をもとに、最適なサイト設計、パンフレット・チラシ制作に取りかかります。

制作に取り掛かる前にお客様にラフデザインを見て頂いて、サイトがどのような効果をもたらすかしっかりとご説明をし、ご納得いただいたうえで制作に着手します。

お客様は、サイトがもたらす効果によって成功のイメージを持って頂き、安心して完成をお待ちいただけます。

ホームページ、チラシで結果を出すために…何のため、誰のためかを考えた情報発信を

ホームページやチラシは、『美しいだけ』では意味がありません。
操作性の良さ、情報のわかりやすさを十分に考慮し、誰のため、何のための商品・サービスなのか目的とニーズに合わせたデザインであることが重要です。

ホームページやチラシを見て頂いた方に
『欲しい』『行きたい』『食べたい』『体験してみたい』『試してみたい』
『私も変わりたい』『学びたい』『使ってみたい』『住んでみたい』
『私もこうなりたい』『会ってみたい』

このような気持ちになって頂き、行動心理に基づいて行動していただくという
本来の情報発信の目的に立ち返り、興味を持って頂くということに重視したデザインを追求します。

ホームページ作成 広告 プレゼンテーション

ストーリーをデザインする。

効果の出ているサイトには共通点があります。
それは、サイト全体を通して「ストーリー」があること。
その「ストーリー」に共感してくださったお客様が、商品を購入してくださっているということです。

サイトやコンテンツ、すべてにストーリーが感じられない。
これはサイトを運営している会社の理念や方針がないのと同じです。

ストーリーがないと、サイト全体の軸が崩れてしまい、コンテンツの内容も方向性が失われます。そのため、コンテンツの内容に深く進むと、全体としての一貫性が感じられなくなってしまいます。

一貫性の欠如に訪問者は敏感です。せっかく訪問してくださっても「なんか信用できないな…」ということを感じた瞬間に離れていってしまいます。

腑に落ちない。騙されている感じがする。他にももっと良い商品がありそう。
という気持ちになり、コンテンツを最後まで読んだり見たりしても、購買にはつながりません。

ホームページのコンテンツには「ストーリー」が必要です。

そのストーリに見てる間に共感し、共感してくださった方が購買意欲を持ってくださって購買につながる…。

弊社は人間の行動心理に従って、この「ストーリー」をいかに魅力的に魅せていくかがサイト制作、チラシ、パンフレット制作の『カギ』であると考えています。